社員紹介詳細 中途/アルバイト採用(スマートデバイス向け関連事業)|株式会社セガゲームス -【SEGA Games Co., Ltd.】

メッセージ

「セガらしい」ゲームで感動を提供したい Nさん(ゲームディレクター)
  • 大好きなゲームを提供する側に
  • 実は私は、中学生の頃からセガで働きたいと思っていました。
    当時遊んでいたタイトルがセガのゲームばかりだったということもありますが、セガのプロデューサーに密着したドキュメント番組を観る機会があり「ゲーム作り」へのこだわりに感銘を受けた記憶があります。
    念願叶ってセガで働いてみて感じるのは、この会社には私のようなセガのゲームが大好きなメンバーが揃っているということです。いちユーザーとして、大好きなゲームを生み出した会社で、今度は自分が提供する側として、ゲームづくりができることはすごく楽しいです。
  • ユーザーを楽しませるための挑戦の積み重ね
  • 現在はディレクターとして、私が好きだったセガらしいゲームをつくって、お客様に感動や驚きを提供できるのがやりがいです。
    「セガらしい」というのは新規性、新しい体験を重視することです。どこかで見たことがあるようなゲームではなく、体験として新しいもの、ゲームの核となる部分に新しさがあるものを提供して、そこで感動を体験してもらうことが私たちの使命だと考えています。
    新人の頃から企画書はとにかく数多く書いてきました。といっても新人の頃は数ばかり多く、今思えば、その中身はお客様が満足いく楽しさを提供できるものばかりではありませんでした。しかし周囲のメンバーと知恵を絞りながら、この会社でゲームづくりの経験を重ね、モバイルゲームという新しいジャンルに挑戦したこともあり、今では自分なりにお客様を楽しませる「型」ができてきたと感じています。
    以前、プロデュースを担当していた女性向けのモバイルゲームがありました。諸般の事情で残念ながらサービス終了となってしまいましたが、最後にはユーザーの皆様から「止めないで」という署名活動をしましょうという声も頂戴することができ、良いゲームと楽しさを届けられたんだなと実感しました。
  • 一人ひとりが「ゲームをつくる人」
  • 私たちはゲームをつくる「作業員」ではありません。チームは「プログラムを書く人」「絵を描く人」「仕様書を書く人」の集まりではなく、全員が「ゲームをつくる人」なのです。お客様を楽しませる、という意味で同じ方向に向かっている人なのです。
    今はディレクターとして、メンバー一人ひとりが主体的にゲームづくりに向き合えるようにまとめ役を担っています。なにか問題やうまくいかないことがあれば、全員で「私たちは何のためにやっているのか?」というところに立ち返り、団結してセガらしい楽しいゲームづくりに全力投球しています。
社員紹介ページへ戻る >

pageTopへ