社員紹介

一生涯現役プログラマー

シニアプログラマ-

セガネットワークスのプログラマー陣を束ねる彼は、自身も現役プログラマー。その世界はあまりに奥深く、そして面白い。彼の一生涯を捧げるのに相応しいフィールドである。

最新の募集については採用情報の新卒採用中途/アルバイト採用でご確認ください。
今のお仕事について聞かせて下さい。
今はサーバ上でのプログラムを行っていまして、ゲームの面白さそのものにかかわる部分の一つ手前の基礎部分、いわゆるフレームワークと呼ばれる部分を中心に担当しています。

私たちが扱う多人数が同時にひとつの世界で繋がって遊ぶようなゲームでは、必然的に処理するデータ量が多くなります。プレイヤーの皆さんに快適に遊んでいただくのはもちろん、プログラムの設計・構成を工夫する事で、追加拡張や修正を容易にし、コンテンツの改善、成長を支えるとても重要な仕事です。
セガネットワークスに入って楽しかった、またはやりがいを感じたことはなんですか?
ゲームプログラムの仕事は、一定の制約の中であちらを調整し、その分こちらを調整してと、パズルを解いているようなもので、私にとっては「ゲーム作りをするゲーム」をしているような感覚です。常日頃新しい発見があり、楽しく仕事ができています。

また、フレームワーク制作業務においては、ゲームの調整がしやすくなった、バグを取りやすくなったという声を聞いたりすると、とても嬉しい気持ちになります。
セガネットワークスの「すごいところ」をお聞かせください。
セガで培った、ゲーム制作の方法論や面白さの「ツボ」を熟知した開発陣と、充実のIP(知的財産)群です。
例えば「キングダムコンクエスト2」をはじめとするコンクエストシリーズのような戦略性とインタラクティブ性の高いタイトルや、「サカつくシュート!」のようなスマートデバイス向けに遊びやすい形でセガのIPをリファインされたタイトルなど、品質で他と一線を画すタイトル開発が進められるのは、セガネットワークスならではだと思います。
セガネットワークスには、どのような社員が働いていますか?
自主的に動ける人が多いと思います。一般的にプログラマーというと、与えられた仕様に沿って作業するシーンが想起されるかも知れませんが、制作の過程において、より面白くするために仕様を変更する事も多く、その都度、関係者と気軽にコミュニケーションをとりながら、新たな仕様の「意向」を解釈し、自発的・能動的に作業できるメンバーに恵まれています。
どんな人と一緒に働きたいですか?
物事を客観的に捉えるアンテナを持ち、変化に対応できる好奇心と実行力を備えた人が良いです。時にはこだわりも必要ですが、チームで開発をしていますから、独りよがりに陥るとあまり良い結果には繋がりません。なぜそうなるのかという疑問を持ち、面白さについて、周囲と気軽にディスカッションできるような人がいいですね。
セガネットワークスで実現したい夢はありますか?
目指すは生涯現役プログラマーです。私がプログラマーとして働き始めた当時はプログラマー35歳定年説がまことしやかに囁かれていました。今、私はその年齢を超えましたが、まだまだこの世界に興味が尽きる事はありません。
とても充実した日々を過ごせています。
座右の銘や人生のモットーについて教えてください。
ゲーム制作のモットーは「プロト(試作)作成は素早く」です。最初に考えたものが100%面白いということはありえません。プロト作成を素早く行うことで、完成までに、皆で協議し、手を入れる回数を増やせます。ゲームに正解はありません。手を入れる回数を増やせるだけより面白いものが作れると思っています。

また、ユーザーにストレスを与えないことを重視しています。これは「面白いゲーム」の大前提であり、私が誰にも譲れないポイントです。

社員紹介一覧へ

pageTopへ