社員紹介

業界にこの人ありと言われたい

ゲームプロデューサー

「ナンバーワン」を目指して、複数タイトルを同時に手掛けるプロデューサーは、通勤時間中も企画やアイデアを練る。業界にこの人ありと呼ばれる存在になるべく、彼の手と思考が止まる事はない。

最新の募集については採用情報の新卒採用中途/アルバイト採用でご確認ください。
今のお仕事について聞かせて下さい。
「サカつく」シリーズ初のスマートデバイス向けタイトル「サカつくシュート!」を担当しています。プロデューサーとして企画の立上げから関わり、描いたタイトルイメージが実現できるよう、クオリティチェックや進捗管理等、を行っています。

スマートデバイス向けゲームコンテンツの開発期間は1年程度と短期間ですが、その間にも、この業界では新しいトレンドや技術、仕組みが出現します。ですから、タイトル進捗を管理する中で、変化への対応について随時判断していく必要があります。
セガネットワークスに入って楽しかった、またはやりがいを感じたことはなんですか?
私自身、先に挙げたタイトルの他、2つのタイトルの立上げを進めているところです。会社がスマートデバイス向けゲームコンテンツの開発・展開手法に習熟してきている中、複数タイトルを任せてもらえる環境にやりがいを感じています。

タイトル立上げの機会が多く、チャンスが多く巡ってくること、小規模のチームで進めていきますので裁量度が高いこと、そして、それらのタイトルが、セガの後ろ支えもあり、ビックタイトル級であること、これらは全て大きな魅力です。
セガネットワークスの「すごいところ」をお聞かせください。
一番は環境が整っている点です。バリバリの開発者で構成されているゲーム開発陣だけでなく、運営やサーバー関連、プロモーション等、それぞれの役割に充実した人材配置がなされていて、「勝負ができる」環境が整っていると感じています。
セガネットワークスには、どのような社員が働いていますか?
社内はセガの良き部分と、セガ以外の他業界から入ってきた新鮮な部分とがバランスをもって混在しています。周囲にはユニークな経歴の人や変な人等、話をして面白い人が多いです。
どんな人と一緒に働きたいですか?
業界の中でもトップクラスの環境の中で、プロジェクトを若いうちから自分で回せる機会に恵まれますので、一旗あげたい人には最適です。
俺が!という意気込みをもった、がつがつしているくらいの勢いのある人に来てもらいたいです。
セガネットワークスで実現したい夢はありますか?
今で言えば「パズドラ」や「モンスト」のような、ナンバーワンスマートフォンゲームを作りたいです。プラットフォームの変わり目は大きなチャンスです。ヒット作をバンバン出して、ゲーム業界でこの人ありと言われる存在になりたいです。

そのためにも、自社・他社問わず、タイトルがリリースされる時には、どれくらいの外部評価が得られるのか勝手に分析・予測し、のちに実績と照らし合わせて、自分の価値評価の尺度を常に磨いています。そのアンテナがないと、プロデューサーは務まりません。

出勤時の移動中は新しい企画・アイデアを考える時間にして、会社での就業時間はそれを形にする時間に充てています。随時書き貯めておくと、別の機会に活用できたりします。
座右の銘や人生のモットーについて教えてください。
仕事の面では、会社として作るからには売れるものを作らなければならないと思っています。ヒットを出せれば、後輩たちの新たなチャレンジにもつながり、会社の成長につながり、自身にも還ってきます。そこを根幹としてゲーム作りに臨んでいます。

社員紹介一覧へ

pageTopへ