生き残るのは、 "オーバーキル"な奴らだけ。 スマートデバイス向け『The House of the Dead Overkill™ The Lost Reels』配信開始|株式会社セガゲームス -【SEGA Games Co., Ltd.】

お知らせ

生き残るのは、 "オーバーキル"な奴らだけ。
スマートデバイス向け
『The House of the Dead Overkill™ The Lost Reels』
配信開始

サービス

 

株式会社セガネットワークスは、スマートデバイス向けホラーガンシューティングゲーム『The House of the Dead Overkill™ The Lost Reels』の配信を本日2013年4月25日(木)より開始致しました。

hotdo_banner_1136x640.jpg

『The House of the Dead Overkill™ 』は、1996年にアーケード用タイトルとしてリリースされた『The House of The Dead』シリーズ第1作目の8年前の世界を描いたWii用ゲーム『The House of the Dead Overkill 』を、スマートデバイス向けに最適化したガンシューティングゲームです。

 

image1.jpg image2.jpg

 

スマートデバイス向けコントロールスタイルを実装

スマートデバイス向けに最適化された3つのミュータント退治のコントロールスタイルにより、スマートデバイスならではの銃撃アクションで、ミュータントを一掃する爽快感を味わえます。追加されたコントロールスタイルは、以下の通りです。
・加速度センサー:端末を傾け照準を合わせる!
・仮想パッド:パッドを自由に操作して照準を合わせる!
・フレンジータップ(アンロック可):直接ミュータントをタップして攻撃!

 

■オリジナリティ豊かな3つのステージ

ストーリーモードでは、今作の事件の元凶であるパパ・シーザーの館を舞台とした『パパズ・パレス・オブ・ペイン』、バイユーシティに建つバイユー郡総合病院を舞台とした『バリスティック・トラウマ』、ストリップ劇場を舞台とした『ネイキッド・テラー』の3種のステージで、血に飢えたミュータントを倒していきます。
また、サバイバルモードでは、ハイスコアを狙い、迫りくるミュータントを打ちまくるシューティングアクションを楽しむことができます。

 

■武器のアップグレードによる戦略的プレイ

ミュータントを倒すことにより得られるキャッシュで、新しい武器を購入したり、武器をアップグレードしたりすることも可能となっています。また、コンボ延長や、リロードブーストなど、その他のゲーム内アップグレードで武器の殺傷力を強化することにより、より戦略的なプレイが楽しめます。

この機会に『The House of the Dead Overkill™ The Lost Reels』をお楽しみください。

 

ストーリー

 忌まわしい「キュリアン邸事件」からさかのぼること8年。1990年…アメリカ南部の街バイユーシティ。この街で、奇妙な事件が発生する。調査から、農場主であるパパ・シーザーが事件の黒幕であるとの情報が浮上。
 この情報を受け、AMSエージェントGと地元警察の刑事であるワシントンが、事件解決のために事件発祥の町に潜入する。

ゲーム内登場人物

エージェントG :HODシリーズ伝統のキャラクター。冷静沈着で判断力に優れている
アイザック・ワシントン :刑事。酒と女が大好きな危険人物。攻撃力が高い。
ヴァーラ・ガンズ :バイユーシティクラブで働く、街一番のストリッパー。
キャンディ・ストライパー :武器のエキスパート。彼女がいつリロードしたのか誰も知らない。

 

      icon.jpg
<アプリ概要>
名称 The House of the Dead Overkill™ The Lost Reels
配信時期 2013年4月25日(木)
配信サイト AppStore URL
    https://itunes.apple.com/jp/app/house-dead-overkill-lost-reels/id619501403
    Android URL  
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sega.hodoklr  
対応OS  iOS (iiOS 5, 3GS 以上, iPod touch 第四世代以上 、iPad 1 以上対応)  
    Android (OS 2.3.3以上対応)  
価格 iOS / Android 450円  
著作権表記 © SEGA  

 

 □記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です

pageTopへ